2012-02

描きたい題材

卒論も終盤、あと一回発表して終了でございます。長かったようで短い大学生活、しみじみと振り返りたいところですが、そんなことより去年から描きたかった一枚絵を完成できたので今回はこの話にします。
前から練習はしてるけど、これを描きたいっ! ってものがなかった私ですが、ここ最近どういうわけか描きたい題材が出てきました。
どういう風の吹き回しでしょうね。何かきっかけがあったかと言われたら心当たりが・・・ないですね。
でも私の好きな分野の一つに歴史があります。特にWW1からWW2あたりまでが一番興味があるところですね。そういうことが関係しているのかもしれません。また、以前NHKで放送していたカーンの写真館?とかなんとかいう百年前の写真を見たのは衝撃的でした。戦争の体験を基にした本も結構読んでますし、ドキュメンタリーは十八番ですね。
このところの世界情勢っていうか、いつの時代も争いが絶えませんが、そろそろ起こってもおかしくないと言われている地域もありますし、そういうものが合わさって筆を進めたのかもしれません。
しかし、今回描いた絵は反戦とか何かを訴えたかったということは全然なく、ぱっと脳裏に絵が浮かんだだけです。そしたら面白そうだったので、小説専用のソフトを立ち上げてキャラ設定やら世界観やら作り上げていったら、さらに描きたくなりました。
イラストなので小説みたいに細かく設定を作る必要はないのですが、そこは小説好きといったところでしょうか。主人公の少女の生い立ちですとか、過去のエピソードですとか、この絵に描かれた場面の後には何が起こるかとか、そういったものを妄想して文章にするのは本当に楽しいです。
またこうやってイラストを描くのは初めてでした。なんでしょうか、今まで何描こうかなぁと悩んでいたのがウソみたいに、次から次へと絵の構想が浮かび上がってきました。こんな体験は初めてです。
次描く絵は東方にしようかなと思っているのでこの娘ともしばらくの別れですが、描きたい題材ができて本当に良かったです。これから暇ができたらちょこちょこ描いていこうとおもいます、この娘の物語を。
砲1a合成完成_R

Posted on 2012-02-17 | Posted in イラストNo Comments »