2015-07

絵歴5年と今後の予定(希望)

お久しぶりです。
暇な日々は主に艦これ絵を描いてはTwitterに放流したりしていました。東方ニコ童祭のほうは無事終わったみたいで、私の絵もEDイラストとして動画のほうで流れました。めでたしですね。
毎年描かなくてはいけないと決めている絵は2つありますが、そのうちの一つがこれで終了したわけです。あと一つはというと7月の30日付近に、私がお絵かきをスタートした記念として一枚絵を描く予定です。
去年は忙しくて描けなかったのですが、今年はもっと忙しいスケジュールの為もう半ば諦め状態ですw
それでも出張がない日にちょろっとでも描いていきたいですね。

今後の予定ですが、「やるぜやるぜ」詐欺に磨きがかかってきた伺かの方をどうにか進めようと思います。もちろん完成は未定。っていうか公開が未定……とりあえず頑張ります。
お絵かきの練習としては、来年か再来年に同人誌でも作れるレベルを目指して風景の研究でもやろうと思います。
とは言いつつ、最近になって絵柄というか人物の描き方塗り方で大迷走中ですので、また作風が変わってしまう予感がします。
作風が変わっても良い絵になるとは限りませんが、それはそれで苦しみたいと思います。

ちょっと話はずれますが、大学生の時に読んだ本を仕事までのちょっとした時間に読み直しています。その本というのが元東京大学教授の河合栄治郎著「学生に与う」です。教育哲学やら昭和思想史では有名な本だそうですが、学問や道徳やら様々な場面についての思想について書かれているちょっと難しい本です。
一応イラストサイトのブログですから哲学考察はちょっと置いといて、美術に関するページがとても興味深かったです。
私は絵を描くとき上手な絵を目指して描いていますが、この本曰く見た人がふつくしい!と思える物に価値があるのだ(超意訳)と書かれています。私もうまい絵ではなく、「綺麗」とか「格好いい」を含めた「美」を研究せねばと感じずにはいられませんでした。
まあ、小難しい話が好きなので何かに影響を受けては絵柄のスランプに陥っております。

たまには本でも読んで、その読後感に浸りながらお絵かきをするのも楽しいですよ。おすすめです。
それでは、また。
50268483_p0

Posted on 2015-07-04 | Posted in イラストNo Comments »