日記

サッカーとか論じてみる

こんにちは、こんばんは。
ちょっと遅くなりましたが、女子サッカーが優勝しましたね。万歳!万歳!万々歳! と明治時代の万歳没案で喜んで見ましたが、とにかくサッカー関係者としては嬉しいですね。
何せ世界一です。女子だろうがなんだろうがサッカー選手としてワールドカップで優勝することがどれほど大変なことか。
今回の優勝で普段サッカーを見ない人たちも女子サッカーを見れたのは良かったですね。これから女子の競技人口が増えて、環境が整備され、今まで以上に良い選手が排出されるのを願うばかりです。
しかし、本当に良かった! 日本人はもっと喜ぶべきです。震災で自粛ムードだったのかな? そうだとしても世界に誇れる素晴らしい功績。みんなで録画した試合をお酒片手に一喜一憂、サッカー経験者もそうでない人もよくよく語って楽しんでほしいものです。
ここからは私が勝手に思ったことですが、女子はまだまだ男子に比べて、技術や戦術について未熟に感じています。もちろん体力的に難しい技術を差し引いても世界全体としてまだまだ。
優勝した日本にしても、アメリカ、スウェーデンも基本ができてないと思いました。……なんか偉そうにかたってますが、こうやって自分のサッカー観を自由に語るのもサッカー観戦の一つの楽しみだと思ってご容赦くださいね。
できてないといっても日本はほかの国に比べてば個々の技術は頭一つ飛びぬけていた印象があります。まだまだというのは男子と比べての話ですし、言い換えれば女子は今よりももっと強く、また上手くなれるというわけです。
ただ、競技人口が少ないためチーム数も指導者も少ないのが現状なので男子と比べるのは少し卑怯かもしれませんね。でもそんな状況でもあれだけの選手が育つんだから女性は逞しい。今後にも一層期待できそうです。
技術的な話としては、他国は基本技術が、日本は守備時の体の向きやクリアのタイミング、カバーリングの速さやポジショニングが改善点だと思いました。
いくらアメリカが強いと言っても技術はそこまですごくないですし、チームとしての守備や攻撃は怖くないです。問題は個々の身体能力が凄まじい事。速いし強いし、あんな敵と渡り合った日本は大変だったでしょうね。
まぁ、ぶっちゃけ攻略法はあります。男子サッカーでは当たり前ですが(といってもできてないところも結構ある)ボディコンタクトができれば何とかなりそうに思いました。
体が小さくても体の使い方一つで大きい選手のあたりに耐えることができます。あくまで耐えるだけですがね(笑)
でもこれはかなり効果的。っていうかこれができないと男子では中学生・高校生年代ですらやっていけません。これらはちょっとした練習で習得できることなので、日本の女子選手たちは皆優秀で技巧派ぞろいなので、やればすぐできると思います。問題は教える側の人か・・・w。今大会前みたいに、長身の相手に対してロングボールで基点を作ろうなんて考えてる指導者では不安が残ります。
とにかく、日本の女子サッカー界は将来性抜群、これからの活躍がますます期待できます。今回の優勝だけでなく、オリンピックをはじめ色んな大会で私たちサッカーファンを楽しませてくれるでしょう。
実に楽しみです。いやもう本当にね!

Posted on 2011-07-26 | Posted in 日記No Comments »
Comment



Comment