日記

伺かとお絵描きを振り返って

最初に、このブログとHPは2代目です。当初は伺かのゴースト配布ページとするのが開設の目的でした。
書いた記事は全てこのブログに移植してありますが、2011年の記事でゴースト制作を宣言しました。「伺かに参戦?」
それ以来、佑神奇譚の公開まで長い時間がかかってしまいました。でも、伺かの為に作ったブログですし、それが一区切りついたので、打ち上げという意味で記事を残しておこうと思います。

去年の8月末にゴーストを一応公開しましたが、制作開始は4月頃だったと思います。ランダムトーク100、撫で反応各25が公開の目標でした。
結局、トークが50、撫で反応も半分程度が精一杯でした。今はやっとランダムトーク数が150に到達し、撫で反応は目標まであと一歩の所まで来ています。
実は現在のシェルを描く前に、別キャラで一枚のシェル描いていました。ただ、描いただけで没にしてしまいました。
シェル案
シェル作成の練習程度にしかなりませんでしたが、設定自体はかなり作り込んでいたんです。
没の理由はトークが鬱々とし過ぎた、という事ですね。キャラの履歴書が書ける程度まで設定を考えていましたが、どう頑張っても楽しいトークになりませんでした。
キャラ自体は7年ほど前から考えており、その絵を描いたりと思い入れがありましたけど、思い切って葬り去りました。
その反動で、あやめと佑花のトークは結構明るいものになっております。
実在の宗教をネタにしている事もあり、ファンタジーとは言え導入のしづらいゴーストだと思います。しかし、登場するキャラ達は今後も楽しくお喋りしていくと思いますので、適当に遊んでやってください。

今回ブログを読み返してみて、7年も時間が経っていることに苦笑するのが精一杯です。
思い返せば伺かを知ったのが2008年頃でした。PCの壁紙やガジェットのソフトを探している時に偶然その名前を目にしました。
最初にMATERIAを入れて、すぐにSSPを導入しました。
ゴーストセンターを主戦場に、気になったゴーストは片っ端から入れて遊びました。
「白姉」や「蒼空の風詩」「アリア&アルケミー」など、今でも立たせるゴーストは多いです。
安子さんが最初だったような?
「黒姉」は多すぎて混乱しました。
まゆらは可愛いし、橘花も時々立たせます。ヴィイの日記も長くなりました。「つくは&みずと」の更新楽しみに待っています。

しばらく遊んだ後に、自分もゴーストを作ってみようと思い立ちましたが、イメージに合うフリーシェルがなかったので自作することに決めました。
でも、描いてみたは良かったものの、あんまりな出来でした。
こりゃしばらくは絵の修行をせねばいかん! というのがお絵描きの始めでした。ピクシブの最初の投稿がその絵です。
それで一年練習して再びシェル作りに挑戦したのですが、色を塗る前に没にしまくりました。ゴースト案1(11.5.28)
描いた絵はアナログ、デジタルに限らず全て保存してありますが、その頃の苦悩(笑)の日々が思い出せて笑えます。
HPとブログはこの時に勢いで作った物でしたが、ゴースト作り休止の為、絵の保管庫という新たな役割を与えました。ブログに載せるはずだった更新情報は、絵の日記に変わりました。

何年も前に「いつかゴースト作りたい! でも完成は未定!」で始めたものが、今になって実現できるとは思いませんでした。
それもこれも、伺かコミュニティを存続させてくれたユーザさん、デベさん達のお陰ですね。ばぐとら研究所には足を向けて寝られません。
お絵描きはその目的を達成してしまいましたが、この前の更新で、着せ替え追加を喜んでくれた方がいました。嬉しかったですねぇ。
まだしばらくは、ペンタブを押し入れに仕舞えそうにありません。

次にこの記事を読み返す時は何がどうなっているのか、戦々恐々としていますが、それも楽しみにゴーストの更新を頑張ろうと思います。

それでは、また。

Posted on 2017-02-19 | Posted in 日記No Comments »
Comment



Comment